保険の補償範囲の考え方

ゴルフ07
現在、自動車保険はさまざまなタイプのものが販売されており、補償範囲もそれぞれ異なっています。
補償範囲を広げておけば万が一の事故のときにも安心ですが、その一方で、補償内容の充実に伴って支払う料金も高額になってしまうため、自動車の利用状況に合わせたタイプを選ぶ必要があります。
補償内容については、大まかに分類すると、相手に与えた損害に対する補償と、自分や同乗者が受けた損害に対する補償の2種類となります。
相手に与えた損害に対する補償としては、対人賠償と対物賠償がありますが、これらは事故の際の賠償金が高額となる可能性もあるため、無制限のものを備えておくのが一般的です。
自分や同乗者が受けた損害に対する補償としては、契約者や同乗者が事故によって負傷したり、死亡した場合の補償をするものや、事故や災害などによって壊れた車両の補償をするものなど、さまざまなタイプがあります。
契約者や同乗者に対する補償については、治療費など高額の費用が発生する可能性があることから、加入をしておくのが一般的ですが、車両の補償については、車両の車種や年式などによって料金が異なるため、自分が運転する自動車の状況に合わせた契約を結ぶ必要があります。
ゴルフ08