保険会社に黙って修理後に車両保険の請求は可能か

車両保険は事故を起こした際に、自分の自動車を修理するために使われる保険なります。基本的に自動車保険の請求は全て事故が発生したことを知った時は保険会社に連絡しなくてはいけない義務があります。なおかつ、修理をかける前に保険会社の承諾を得ることが条件となっていることがほとんどです。これは保険会社が事故に関する事実関係や損害額等が妥当かどうか判断出来ないためです。つまり、しっかりと保険会社に通知しないと保険金を請求しても、支払われない可能性があります。また、例え保険会社に通知しても保険会社の承諾を得ずに勝手に直してしまった場合も支払われない可能性があります。もっとも、この保険が使うか使わないか、迷う場合はたいてい自損事故です。その上、何かにぶつけてボデーを凹ませてしまったとか、大きな擦りキズをつけたなどといった小さな物がほとんどです。さらに、免責事項というものが付いていることがほとんどです。これはいくらまでは自分で支払わなくてはならないといったもので、たいてい5万円から10万円程度が免責事項となっています。そのため、これらの小さな事故ではそもそも免責以下の値段だったり、超えていたとしても微々たるものということも少なくありません。さらに、等級を下げられたり据え置き等の関係から逆に割高になる恐れもあります。

コメントは受け付けていません。