保険金が支払われない場合

自動車保険の任意保険の保険金が支払われない場合は、自動車保険の種目共通なものと種目によって異なるものがあります。まず共通なものとして故意による事故があります。例えばわざと事故を起こして保険からお金をだまし取ろうとする場合とか、車を運転中に、相手とトラブルになりわざと車をぶつけた場合等があげられます。また地震、噴火、津波による事故も種目共通で支払われません。ただし車両保険の場合は、特約をつければ支払われます。対人保険の場合は、身内間の事故は支払われないことになります。運転者の配偶者や同居の親、子供にけがを負わせた場合は保険では支払われません。ただし自賠責保険では、身内であっても保険で支払われます。これ以外の身内であれば保険は支払われます。兄弟姉妹間の事故や、おじいちゃんと孫の事故と行った場合です。対物保険の場合は、運転者本人や運転者の配偶者、同居の親、子供が所有しているものを車で壊した場合は保険で支払われません。またこれらの人が他人から借りていたものを車で壊した場合も保険では支払われません。車両保険や人身傷害保険では飲酒運転や無免許運転の場合、保険は支払われません。飲酒、無免許運転でも対物と対人は保険が支払われます。

コメントは受け付けていません。