貸したクルマが事故を起こしたら?

友人・知人に車を貸した時に、もしも、貸した車が事故を起こしてしまったらどうなるのかということを考えたことはありますか?
保険が適用されるのかどうかや車を貸した所有者側にも責任が生じてしまうのか、など気になることはたくさんあるはずです。
実際どうなるのかは入っている保険によって違ってきます。
まず任意自動車保険の場合ですが、貸した車を運転する相手が自分の加入している自動車保険で補償される運転者の範囲内に入っているか否かが重要となってきます。
入っていれば保険適用となりますが、基本的に補償対象が増えると保険料が高くなるため、家族以外を対象に入れている人は少ないため適用外となることが多いようです。
では、自動車を購入した時に加入が義務付けられているは自動車損害賠償責任保険ではどうなるのかというと、この場合、相手方に怪我などの被害をもたらした場合に限って保険適用となります。
しかし、自動車損害賠償責任保険の補償範囲内で支払えない金額は貸主に請求される可能性があります。
また自動車損害賠償責任保険の補償対象は人身に限られており、物損の場合や同乗者の損害に関しては補償されないので注意が必要です。
このように車の貸し借りには大きなリスクが伴うことを知っておきましょう。

コメントは受け付けていません。