こんなとき、保険は適用される?

自動車に乗る方の多くが損害保険に加入しているかと思います。自賠責保険は強制的に加入させらますがその他の保険は任意です。しかしながら人命を奪ったり、高額な建造物、車両などに対して事故を起こした場合、とても運転者の支払い能力だけでは賄い切れません。そのため自動車損害保険に加入するのですが、その保険にも物損自動車保険が適応されるケースと、されないケースがあります。通常の自動車保険が掛かった自分の自動車を運転して事故をしても殆どの場合保険料が降ります。しかし、友人・知人などに借りた自動車の場合は自動車保険は自動車に掛かるため、自動車の所有者の付保する保険内容、例えば、自動車の運転者を所有者のみに限定している保険では保険が降りません。また保険適用外の事例としては津波や地震等の自然災害による直接的な自動車事故の場合は特約事項を付けていないと保険が適応されないケースがあります。基本的に自然災害での被害は補償する保険は少なく津波や地震等の直接的な被害というよりは、2次的な被害にる事故の場合に保険が降りるケースがあります、先日の東日本大震災でもその問題が浮き彫りになりました。その他、事故として多いケースは当て逃げ事故です。当て逃げの場合、相手の所在がわからないと請求先が存在しないため車両保険に加入していないと保険を受け取ることができません。いずれにしても保険加入時には免責事項をよく確認する必要があります。

コメントは受け付けていません。