自然災害による損害

保険金が支払われるか心配になるのが自然災害による車の損害です。

結論から先に言うと支払われるものもあれば、支払われないものもあります。支払われるものは”天候”が原因となっているもので、例えば強風や台風・竜巻により物が飛んできて損害を被った場合や、大雨による土砂災害や水没といった天候が原因となるものは車両保険の対象になっている場合が多く、契約内容にもよりますが一般的には保険金が支払われる事となります。

逆に保険金が支払われないものは”地震”が原因となる場合です。地震による落下物での損害や、噴火・津波、地割れといった地震を原因としている損害の場合は一般的な車両保険では一切保険金が支払われません。これは地震によって損害が発生する場合は広範囲かつ大規模な損害が発生するという事で、保険の範疇を逸脱するためです。

ここで気をつけなければいけないのは、あくまで支払われないのは地震が原因の場合であるときのみという点です。土砂災害など台風が原因であれば支払われ、地震が原因なら支払われない。高波などによる被害も地震であれば支払われませんが、天候が原因となれば支払われるのです。

そういった自然が原因の損害を被ったときはまず、何が原因かを把握する事が最優先となります。

コメントは受け付けていません。