他人のクルマでの事故に自分の保険は使えるか

車でドライブに友人と出かけるというのは、学生時代などにはよくあることです。
社会人になってもそういった友情を大切にできるというのはすばらしいことでもあります。
しかし、他人の車を運転していて事故を起こしてしまうということになると、友人とのトラブルということにもつながってしまうので十分に注意をするということが必要です。
他人の車を運転する際に、まず自分自身が保険に加入しているということが一つの安心材料にもなります。
また車の持ち主がどのような内容の契約をしているかというのも、事前にチェックしておくということも必要です。
加入しているという事であっても、運転者限定であったり、対象者の年齢に自分が入っていないということも考えられます。
そういった際には、ほけんの適用がされないということにもなり、自分の契約というものから支払いを行うということにもなります。
その際に、車両の補償をつけていないというようなことになると、車の修理費というのは、自分自身が弁償をしなくてはいけないということにもなります。
また、自分も、車の持ち主も全く加入をしていないという事であれば、自賠責で対応でききれないものはすべて自分が負うということにもなります。
どちらが払うかなどもめてしまうというのも考えられますので、車を借りるというのであれば加入内容についてはとにかくしっかりと確認をするということが必須です。

コメントは受け付けていません。