事故による査定額の損失は請求できる?

事故を起こした車はそうでない車に比べると査定額が下がってしまうのが普通です。この損害を評価損または格落ち損と呼びます。修理にあたっては下取り価格が下がる場合がありますので、損害の原因になった相手方にはその損失分も請求したいと考えるのは自然なことです。ところが実際には、評価損・格落ち損の請求が取り上げられることはほとんどありません。どうしてでしょうか。

まず査定額が下がったことを金額に換算することが難しいからです。またいかにダメージを負った車といえども今日の技術による修理においては以前の状態にほぼ戻りきっると考えられますので、要求自体が心情的なものとして排されるからです。実際の判例には次のようなものがあります。すなわち「修理後、原告車に技術上の欠陥(機能的障害が残った、耐用年数が低下したなど)が残存した場合は減価を損害として認められるが、本件はそれを認めるに足りる証拠はないし、また車の買い替えを相当とする場合に該当しないから、原告車については損害として認めることはできない」というものです。つまり評価損・格落ち損は修理可能であれば一切認められないというのが常識です。

しかし判例はあくまで判例であり、一定の条件下でその修理費に対して係数を乗じて認定するケースもありますから、普遍的な認定基準はないというのも事実です。一般的には評価損・格落ち損の賠償を求める事はできないと理解した上で、個々の細かな条件を見ていくということになるでしょう。

 

コメントは受け付けていません。